ヒアルロン酸の持つパワー【美しさを取り戻す】

日本人女性

老若男女問わず利用できる

顔に注射

軟骨にも効果的な成分

元々、眼球内のガラス体成分として発見された保湿成分であるヒアルロン酸は、皮膚や筋肉、軟骨などの身体を構成するための主成分です。粘性が高く、ネバネバしたテクスチャーが特徴的で、人の身体の細胞内だけではなく、動物にも存在することも挙げられているため、食べ物からも摂取することができる保湿成分です。体内へ効果的に吸収されることに期待するのであれば、注射針による注入法が最適と言われています。豆知識として、ヒアルロン酸にも安価なタイプが提案されており、それが高分子タイプです。分子が大きいことにより、吸収されにくいのがヒアルロン酸の難点の1つであることも多く、美容整形を提案するクリニックなどでは、多少高価である注入法が展開されています。自然に取り入れられる形で、なおかつ低分子タイプであれば、素早く吸収されて即効性を実感することが可能です。また、保湿性を高めることでエイジングサインに効果が期待できるだけではなく、軟骨のクッションとしての役割も担っているため、顔だけではなく、関節の整形にも力を発揮させることができるため、美容と健康の両方からアプローチできる成分でもあります。美意識の高い女性だけではなく、高齢者あるいはスポーツ障害による軟骨のすり減りなどを招くお子様にも適しているサポート成分になっています。

ティーンにも人気

たった1gのヒアルロン酸には、6000mlもの水分を保つことができるため、乾燥肌で悩む方々から人気を集めています。一般的に、化粧品に配合されているケースが多いものの、効果が実感できないなどの難色を示しやすい美容成分でもあります。成分自体は高分子であるのが特徴で、肌に直接塗っても表皮となる肌表面にしか作用しないのが難点で、真皮に届かせて留まらせるためには、現実的に内側から入れることが必要となり、注入法が確立されています。ヒアルロン酸の最大の魅力となるのが角質層の水分をしっかり抱え込むことで、外気にさらされて乾燥しやすい冬の時期には、水分の蒸散を防ぐバリア機能がしっかり作用してくれる点で評価されています。額や口まわりなどの注入する部位によっては、小じわの予防策として利用価値があります。また、乾燥を防ぐことにより、肌のバリア機能がしっかり作用するため、肌荒れまでが予防あるいは改善できるため、大人女子から支持されています。さらに近年では、大人風メイクをはじめ、間違ったステップを踏むケアでトラブル肌などが問題視されるティーンエイジャーにも注目されている成分でもあり、プチ整形としても気軽に利用できることも重なり、幅広い年齢層の女性たちから人気を呼んでいます。